« 遺産承継業務:電話での株式売却の注文 | トップページ | 無理やりの地下鉄で帰宅ルートも変更 »

2016年3月24日 (木)

「共同作業である」という思いの共有

Dsc_saisei個人再生の申立書類が整ったので、裁判所に郵送。

業務のスタンスとして、先日、「お任せ下さい」ではなく「お手伝いします」であると書きましたが、個人再生は「お手伝いします」の典型的な例です。

裁判所に提出する書類を集めてもらったり、家計収支を整えてもらったり。
依頼者の方にとっても大変なこと。

自己破産でも同じことですが、個人再生の手続きは「司法書士との共同作業である」という思いを共有していただかないと、なかなかうまく進みません。

その他、財産分与による名義変更登記の申請。
消滅時効援用の内容証明郵便の発送、など。

ハウスメーカーさんに書類をお預かりに行った以外は、一日事務所で事務仕事でした。

|

« 遺産承継業務:電話での株式売却の注文 | トップページ | 無理やりの地下鉄で帰宅ルートも変更 »

司法書士の日常」カテゴリの記事