« 「売家」の看板に人生が変わる | トップページ | 「共同作業である」という思いの共有 »

2016年3月23日 (水)

遺産承継業務:電話での株式売却の注文

Dsc_4874今日は、未成年後見人に選任された弁護士さんとの面談。

裁判所での調査官面接の際には、私が後見人候補者に入ることを進言してもらい、もろもろの書類も出したのですが、審判ではひっくり返りました。

「事情をよく知っている」ことと、未成年者である「ご本人の利益を守れるか」は別問題、ということなのだと思います。

遺産承継業務では、証券会社での移管(相続手続き)が終わったということで、電話での株式売却の手続き。

株式の銘柄や金額をひとつひとつ確認されながら、先方では端末を叩かれる音が聞こえていて、昔ながらの株式売買の方法を、経験することになりました。所要時間20分超。

「全部」を「成行注文」だからいいものの、ネット上の画面、値動きを見ずに取引するのは、目隠しされた状態で売買するのと同じような感じで、恐すぎます。

◎リンク 司法書士吉田事務所 相続・名義変更相談サイト「遺産承継の手続き」

|

« 「売家」の看板に人生が変わる | トップページ | 「共同作業である」という思いの共有 »

司法書士の日常」カテゴリの記事