« 不動産売買の決済。参加者が多いと大変です | トップページ | 不動産売買取引の開始時刻はあてにならない »

2016年2月25日 (木)

登記識別情報のシールがはがれにくい時期

Dsc_4711今日は、難波で不動産売買の立ち会い。
今日も売主さん側の司法書士として立ち会いです。

売主さんが登記を受けられたのが平成20年。
「登記識別情報通知のシールがうまくはがれない時期」というのがあって、嫌な予感がしていましたが、案の定シールをはがすのに苦戦。

ちなみに、登記識別情報通知(権利証)はその後も改良されて、現在は写真のタイプになっています。このタイプのシールも、初めてはがしました。

それと、後見人の報酬付与の審判が下りて、1年分の報酬をいただけることに。

後見人報酬は、1年分の後払い。しかも、金額は家庭裁判所で決められるので、特に1年目はいくらになるか分からない~という中での受領。第三者に決めてもらっていただく報酬も、嬉しいものです。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト 「不動産登記」
◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト 「成年後見Q&A」

|

« 不動産売買の決済。参加者が多いと大変です | トップページ | 不動産売買取引の開始時刻はあてにならない »

司法書士の日常」カテゴリの記事