« 結局のところ何でも「書類「書類」で | トップページ | 厳しい言葉は直接伝えてもらうほうがいい »

2016年2月18日 (木)

携帯メールも有効な連絡手段

Dsc_4641事務所の西側側面に、陽が当たるようになりました。
朝は真冬の寒さでしたが、季節は少しずつ動いています。

午前中は、自己破産の手続きに着手したばかりのお客様宅を訪問。任意売却を進めるため、不動産業者さんをご紹介しました。

任意売却のメリットは、「引越し代」という不確定な話はともかくとして、「固定資産税を日割計算で清算してもらえる」ことだけでも大きいです。

事務所に戻って、個人再生の打ち合わせ。
お電話ではなかなか連絡が取れないので、無理にでも携帯のメールアドレスを聞き出して。

連絡手段が「メールだけ」というのは良くないですが、使い方次第で、メールが有効な連絡ツールであることは間違いないです。

午後からは、ご本人が入院中の病院で、保佐申立の面接。

医師の診断書が不十分だったので、調査官が「100から7を引いたら?」「3000円の買い物に1万円を出したら、お釣りはいくら?」などなど、簡単なテストをして下さり、無事にクリアできそう(答えられたかどうかの問題ではなく、判断能力の程度の確認をされた、の意味)です。

|

« 結局のところ何でも「書類「書類」で | トップページ | 厳しい言葉は直接伝えてもらうほうがいい »

司法書士の日常」カテゴリの記事