« 登記識別情報のシールがはがれにくい時期 | トップページ | 積み重なっている未読の新聞 »

2016年2月26日 (金)

不動産売買取引の開始時刻はあてにならない

Dsc_gimusyo今日は、大阪・京橋で不動産売買の立ち会い。

「ちょっと早い目に」と30分前に現場に着くと、もう半分以上の方が着かれて、準備を始められています。

不動産売買の決済の開始時刻ほどアテにならないものはなくて、慣れておられない素人の方が時間通りに来られたりすると、皆さんの冷たい視線を一身に浴びられることになったり。

今回の売買の前提には、3件の相続登記があって、売買の手続きを進めるのにも、まずは相続登記をしなければならない。そんなことがあって、3か月がかりのお仕事でした。

これで、重たかった不動産登記のお仕事がひと段落です。

季節の変化に伴って、日差しの向きが変わってきました。
今まで入らなかった西日が、事務所の中に。

もうすぐ春なんだなーということを感じつつ、気持ちも入れ替えて、また次の課題へと進みます。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト 「不動産登記」

|

« 登記識別情報のシールがはがれにくい時期 | トップページ | 積み重なっている未読の新聞 »

司法書士の日常」カテゴリの記事