« お客様に納得してもらえる解決を | トップページ | 登記識別情報のシールがはがれにくい時期 »

2016年2月24日 (水)

不動産売買の決済。参加者が多いと大変です

Dsc_osaka午前中は、堺筋本町で不動産売買の立会い。
私は、売主さん側の司法書士です。

抹消する根抵当権が3件あって、それだけで、それなりのプレッシャーを受けるのですが、仲介業者さんが5社おられることを現場に行って初めて知り、広い応接室に参加者が入りきれません。

皆さんにご挨拶していると名刺も足りないし、気持ちの余裕もないので、

自分が接しないといけない金融機関の方、相手方の司法書士さんを見分けて話し掛け、目の前にある抹消書類を整えることで、ひとり必死な状態でした。

売買が終わった後は、北浜と淀屋橋の間を抜けて、大阪地裁。
帰りは、南森町経由の谷町線で。

本町から堺筋本町まで歩いたのも含めて、いい運動になりました。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト 「不動産登記」

|

« お客様に納得してもらえる解決を | トップページ | 登記識別情報のシールがはがれにくい時期 »

司法書士の日常」カテゴリの記事