« 「法律」という共通のルールの存在 | トップページ | 成年後見を通して視界に入る世界 »

2016年1月28日 (木)

自己破産か消滅時効かは大きな違い

Dsc_4469今日は、新規のご相談が1件。
「自己破産を」というご相談でしたが、書類を拝見する限り、消滅時効で解決できるのではないか、と。

自己破産しないといけないか、消滅時効で解決できるかとなると、手続きの煩雑さも費用も全然違ってきます。信用情報上の処理のされ方も違います。

過去には、「自己破産で」のご相談でも、「実は過払い金のほうが多くて、破産しなくて済んだ」というケースが多々ありました。最近は、消滅時効で解決できそうなご相談も多いです。

3日前から着手した遺産承継業務は、金融機関の1件についてスムーズに完了。

事務所のスタッフが、事前に委任状や相続関係図、戸籍謄本一式を窓口に持参してくれており、今日は私の本人確認を経て、被相続人名義の口座を解約。預り金口座への送金手続きとなりました。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト 「消滅時効援用」
◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト 「自己破産」

|

« 「法律」という共通のルールの存在 | トップページ | 成年後見を通して視界に入る世界 »

司法書士の日常」カテゴリの記事