« 珍しい手続きのご依頼が続きます | トップページ | 自己破産か消滅時効かは大きな違い »

2016年1月27日 (水)

「法律」という共通のルールの存在

Dsc_4471今日は、10時に岸和田の家庭裁判所。

12時40分に事務所に戻って、事務所に居れたのは、昼食を食べながらの30分だけ。報告を聞いて、折り返しの電話を入れて、署名すべきところに署名して。雑談をして、再び出掛けました。

14時に淀屋橋。15時に大阪地裁。
終わったのは、17時20分でした。

当事者だけでなく、関係者も交えた長い話し合いの中で、解決策の指針を出してくれたのは裁判官。

気持ちの問題があるので、法律が全てではないですが、「法律」という共通のルールがあることで、解決できることもあります。

|

« 珍しい手続きのご依頼が続きます | トップページ | 自己破産か消滅時効かは大きな違い »

司法書士の日常」カテゴリの記事