« 「こうあるべき」より「状況によって柔軟に」 | トップページ | 成年後見や相続は法律で割り切れない部分も »

2016年1月 7日 (木)

快適な空間でストレスが和らげば

Dsc_4553被補助人さんの通院に、お付き合い。
大病院は、受付の端末があって、受診の窓口があって、診察室があって、会計の窓口があって…。病院内に入った後もあっちこっちに移動が必要で、迷路のようなので。

今日行ったのは、建て替えされたばかりの病院で、高級ホテルのような内装。

病院で居心地が良かったら困りますが、私自身3年前に尿管結石を患って、CTを撮って、初めての診察を待っている時の気持ち。あの時の不安な心理状態は、忘れられません。

処置してくれるのはあくまでも人(医師・看護師)なので、環境が全てではないですが、病院内で快適さを感じられれば、少しはストレスが和らぐように思います。

司法書士事務所でも同じ。
困りごとを聞かせてもらったり、もろもろの手続きをさせていただくのは「人」です。

しかし、ウチのように「来店型」の司法書士事務所として、お客様に来ていただくのをメインにするならば、外見からして「ここは大丈夫か?」と不安にさせるわけにはいかないし、事務所内や相談スペースで快適さを感じてもらうことも重要…と思って、空間作りを考えています。

|

« 「こうあるべき」より「状況によって柔軟に」 | トップページ | 成年後見や相続は法律で割り切れない部分も »

司法書士の日常」カテゴリの記事