« 当事務所の成年後見事情 | トップページ | 業務の取扱い件数を伝える意味 »

2016年1月22日 (金)

宣伝も積み上げていくことを考える

Dsc_4412表紙が派手になったタウンページ。
「堺市くらしのガイドブック」も、別冊になりました。

表紙が派手になった分、訪問先マンションのエントランスなんかに、山積みになって捨てられていたりするのも目に入ります。

NTT回線の契約がなくても配布される「全戸配布」もウリのようですが、元々NTTの回線が無くても困らない世帯は、スマホを使いこなしている可能性も高い。ネットで探すほうが早いし、情報量も多いです。

私の事務所は、長年タウンページに広告を出してきましたが、去年から掲載を取り止めました。

ネットを使われない年齢層があることも分かっていますし、取り止めるに至るまでには、3年くらい葛藤があったのですが、

看板広告では伝えたいことが伝わらないし、料金を高く払えば広告のサイズが大きくなって、「司法書士」という分類でも目立つ部分に配置されるという、そんな所で競うのも嫌でした。

高い広告料の支払いを止めると、ゼロになってしまう広告もあれば、ホームページやブログのように、わずかな料金で積み上げていける広告もある。口コミであれば、無料です。ならば、積み上げていけることを大事にしていこう、と思います。

|

« 当事務所の成年後見事情 | トップページ | 業務の取扱い件数を伝える意味 »

事務所経営論」カテゴリの記事