« 誰にでも入って来られる空間 | トップページ | 時代の変化と専門書を買うルート »

2015年12月 1日 (火)

「素人さんが登記された」と分かる時

今日は、奈良まで、登記関係書類にご捺印をもらいに行きました。
自社で手続きされていた登記事項に、誤記を見付けたので、一緒に更正登記も。

今回は違いますが、会社の登記で、「素人さんが手続きされたな」と分かることがあるのは、会社の本店所在場所の表現。

住居表示の実施がされている地域であるのに地番表記であったり、またその逆であったり。もしくは、「-(ハイフン)」が使われていることもあります。

会社の本店として登記する住所は、個人の住民票のような証明書類が必要なわけではないので、申請人が記載した表現のまま登記されるためですが、依頼者に「-(ハイフン)」で住所を伝えられたとしても、司法書士がそのまま登記をするというのは、考えづらいです。

奈良からの帰り、その足で、阿波座、西長堀と書類をお届して事務所の近くまで来ると、車の中から他士業の先生を発見。事務所に寄ってもらい、情報交換と近況報告で一日が終わりました。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト 「会社登記」

|

« 誰にでも入って来られる空間 | トップページ | 時代の変化と専門書を買うルート »

司法書士の日常」カテゴリの記事