« 「素人さんが登記された」と分かる時 | トップページ | 遺言も借金も内緒はないほうがいい »

2015年12月 2日 (水)

時代の変化と専門書を買うルート

午前中は、弁護士さんの事務所で、相続登記の打ち合わせ。
弁護士さんと裁判所が関与している以上、司法書士は実体に沿って登記させていただくだけなのですが、3回目の打ち合わせで、やっと道筋が見えてきました。

久しぶりに、大阪地裁の地下にあった本屋さん(法政書房)に行ってみましたが、場所も変わって、別店舗になっていることは知りませんでした。「司法書士割引」は健在。

法政書房は、法律の専門書が揃っていた本屋さんで、西天満に勤めていた時~開業初期には、随分とお世話になったもの。

堺に事務所を移す時は、「専門書を買うのに不便になる」と気にしていたものですが、専門書も、今ではほとんどがアマゾン経由になりました。

午後から事務所に戻ると、新規相談が1件。
相続登記が完了したので、権利証(登記識別情報)のご返却が1件、現物出資による資本金増加の登記申請が1件です。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト 「相続登記」

|

« 「素人さんが登記された」と分かる時 | トップページ | 遺言も借金も内緒はないほうがいい »

司法書士の日常」カテゴリの記事