« プロだから「木を見ると森が見える」 | トップページ | 自己破産:最後の一歩は依頼者の方のお力で »

2015年11月12日 (木)

経験に基づいて書かれた話かどうか

今日は、会社設立関係書類へのご捺印をいただきに、大阪市内まで。

一度お会いした後は、FAXや電話で打ち合わせ。2度目のご訪問でしたが、お話をすればするほど、いろいろな論点が出てきてきます。

会社設立に限りませんが、打ち合わせには手間を惜しまず、時間をかけて。
また、そういった部分に価値を見出してもらえないと、なかなか報酬をいただきづらい面もあります。

その他には、受任中の相続手続きの打ち合わせ、訴訟の打ち合わせなど。

急な事情変更には、2人がかりでネットを叩いて情報収集をしていましたが、参考にさせてもらいながらも、「信用できるサイトかどうか」のひとつの見分け方は、「経験に基づいて書かれているかどうか」。

専門書に書かれていることをなぞられた話と、実際の経験に基づいて書かれている話とは、全然厚みが違ってくるものです。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト「会社設立」

|

« プロだから「木を見ると森が見える」 | トップページ | 自己破産:最後の一歩は依頼者の方のお力で »

司法書士の日常」カテゴリの記事