« 経験に基づいて書かれた話かどうか | トップページ | 2年ぶりのゴルフ(千早赤阪村) »

2015年11月13日 (金)

自己破産:最後の一歩は依頼者の方のお力で

私の予定は、大阪市内の金融機関まで書類の受け取り。
新築建物の登記が終わったので、ハウスメーカーさんに書類のお届け。
訴訟の書類にご捺印をいただきに、会社さんをご訪問。

事務所では、役員変更登記、抵当権抹消登記のご依頼。
それと、会社設立のための定款認証、など。

必要とされている書類が用意できなかったり、いろいろと事情のあった自己破産事件。
「どうやって進めたらいいのだろう」と思っていた時もありましたが、依頼者の方に頑張って動いてもらえたこともあって、無事に破産開始決定が出ました。

司法書士は、前に進もうとされている方の背中を押したり、前から引っ張ることができるかもしれません。

しかし、実際に前に進めるかどうか、困難を解決できるかどうか、最後は依頼者の方自身のお力によります。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト「自己破産」

|

« 経験に基づいて書かれた話かどうか | トップページ | 2年ぶりのゴルフ(千早赤阪村) »

司法書士の日常」カテゴリの記事