« 相続は関係が遠くなると難しくなる | トップページ | 質を保つにも最低限の量が必要 »

2015年11月 6日 (金)

営業時間中は誰かが事務所に居ります

私は、朝から中百舌鳥の金融機関で書類の受け取り。
その足で、堺東の地方裁判所に向かって、裁判に同行。
法務局で、登記完了後の書類を回収。

13時からは、事務所で打ち合わせ。

その間、司法書士スタッフは、大阪市内での不動産売買の立ち会いに行ってくれていて、予定がかぶった中、うまくクリアできました。

出たり入ったりの中でも、営業時間中は誰かが事務所に居る、というのが、うちの事務所のやり方。

だから、平日に事務所を閉めて、みんなでランチを食べに行く、という楽しみも捨てることになるのですが、

お客様には、誰かが居てるからちょこっと寄ってもらえる、という部分もあると思うので、人が居てくれている限り。来店型の司法書士事務所として営業する限り、こだわっていたいところです。

|

« 相続は関係が遠くなると難しくなる | トップページ | 質を保つにも最低限の量が必要 »

司法書士の日常」カテゴリの記事