« 鍋とコタツとミカン | トップページ | 戸籍謄本を集めるのは面倒 »

2015年11月 2日 (月)

仕事という名目で新居に上がり込む

午前中は、堺市内で不動産売買の立ち会い。

元々の地目は農地であったものの、農地でない状態にしてから売買されるということで、仲介業者さんと土地家屋調査士さん、行政書士さんがメインで準備を進めてこられて、最後の最後に出番がやってくるのが司法書士です。

皆さんのお力があって迎えられた売買の場であることを、今回は強く感じました。

午後からは、建物を新築されたばかりの親戚宅に、「住民票と印鑑証明書をもらいに行く」という名目で上がり込み。

同じハウスメーカーさんで建てられることで、「同じ」ように出来上がる部分もあれば、「全然違う」という部分も多くて、家造りには好みが反映されるから面白いです。

そろそろ、市役所が閉まる時間だということで、登録免許税の軽減に使うための住宅用家屋証明書を取得は、おまけのように済ませて帰ってきました。

|

« 鍋とコタツとミカン | トップページ | 戸籍謄本を集めるのは面倒 »

司法書士の日常」カテゴリの記事