« 営業時間中は誰かが事務所に居ります | トップページ | 山口県のプレミアム付旅行券 »

2015年11月 7日 (土)

質を保つにも最低限の量が必要

相続・名義変更サイトの「取扱い実績一覧」のページ、10月末までの分を集計してアップしました。

司法書士のお仕事は、サービス業ですが、専門職であり、職人の世界でもあります。

「質のいいサービス」を提供するにも、まずは最低限の「量」が必要。
一定の案件を継続して取り扱っていないと、「質」を保つことも、ノウハウを蓄えることもできません。

お電話での問い合わせの時に、「相続の案件はどれくらい扱っていますか」「遺言書の作成はたくさんされているんですよね?」と聞かれたこともありますが、

私も自分が頼む立場であれば、同じことが気になりますし、経験がないなら「ない」と言って欲しい。なので、出せる範囲で事務所の情報を出すことで、依頼して下さる方の安心につながれば、と思います。

残念ながら、「経験豊富」という言葉が安易に使われている業界ですが、経験が豊富かどうかは、自分で決められることではなくて、社会が判断してくれることです。

◎リンク 司法書士吉田事務所 相続・名義変更相談サイト 「取扱い実績一覧」

|

« 営業時間中は誰かが事務所に居ります | トップページ | 山口県のプレミアム付旅行券 »

事務所経営論」カテゴリの記事

「良いお客様とは」の定義について(2021.03.30)
自宅のようで自宅ではない事務所(2021.03.16)
自分の足跡を残しておくこと(2021.03.13)
司法書士開業物語(?)~平成15年頃の話(2021.03.07)
開業から1年での事務所移転(2021.02.28)