« 司法書士事務所選びの基準のひとつ | トップページ | 経験に基づいて書かれた話かどうか »

2015年11月11日 (水)

プロだから「木を見ると森が見える」

今日は時間指定の予定がなかったので、朝から皮膚科に。

10月の初旬から首筋が痒くなって、その後、風邪引き。
耳鼻科で蓄膿症になりかけだと言われてから2週間。やっと良くなって、薬もなくなったところで。

皮膚科の診察結果は、予想通り、「季節の変化に対応できない」アレルギー。近年、何度か同じことを言われています。

首筋を見て、「これから風邪を引いたりするかもしれません」と言われたので、この医師はすごいなーと。

「もう引いた後なんです」と言うと、「それなら、まだ治りきっていないということ」と。

司法書士の受験時代、「木を見て森を見ず」はいけないと教えられましたが、プロだから「木を見ると森が見える」です。

風邪の症状である、くしゃみや咳も、身体のアレルギー反応。
全部がつながっていたと分かって、納得すると共に、身体からの不調のサインは受け止めるようにしよう、と改めて。

|

« 司法書士事務所選びの基準のひとつ | トップページ | 経験に基づいて書かれた話かどうか »

司法書士の日常」カテゴリの記事