« 「今から行きます」の勝手なご連絡 | トップページ | 資格証明書が不要に。取り扱いの変更はちょこちょこと »

2015年10月28日 (水)

夫婦間贈与:婚姻期間20年経過はひとつの区切り

今日は、当日予約で、贈与による不動産の名義変更のご依頼。

「あと2年待たれたら、婚姻期間20年経過による配偶者控除を使えますね」ということで保留になっていたお話。2年間覚えていて下さってよかったです。

不動産の贈与に際して、一番大きいのは贈与税の問題。
夫婦間の贈与で、2,000万円の控除が使えるかどうかで、費用負担の話が全然違ってきます。

その後も、不動産名義変更の打ち合わせ。
相続された後、売買をされたり、贈与をすることで整理を進められています。不動産が「プラスの資産」であればいいですが、必ずしもそうとは限らないのも現実。

もうひとつ、当日予約で、相続に関するご相談。
こちらが申し上げた金額より、余分に相談料を支払って下さって、ありがたい話です。

◎リンク 司法書士吉田事務所 相続・名義変更相談サイト「夫婦間での不動産贈与」

|

« 「今から行きます」の勝手なご連絡 | トップページ | 資格証明書が不要に。取り扱いの変更はちょこちょこと »

司法書士の日常」カテゴリの記事