« 悩みを受け止めるために必要なこと | トップページ | 自己破産:分厚い書類が整ってくるまで »

2015年10月21日 (水)

遺言書作成の「ご面倒」を省けるように

今日は、公正証書遺言作成のため、堺公証人合同役場に。

最近は1件完成すればまた1件、というペースで、遺言書作成のご相談をいただいています。

依頼者の方とは事前に打ち合わせをし、事務所で遺言書の原稿を整えます。
戸籍謄本や不動産の登記情報、固定資産評価証明書、印鑑証明書などの必要書類も含めて、事前に公証役場にお届け。それと、日程の調整までが、事務所が担当する下準備。

当日の手続きは、10分~15分程度で終了します。

「遺言書は、作ったほうがいいのかもな~」と思われつつ、「面倒だし」「費用もかかるし」で、作成を後回しにされているご家庭、結構おありだと思います。

遺言書を作られるにあたって、ポイントとなる部分のアドバイスに加え、「ご面倒を省く」という部分も意識して、お手伝いさせてもらっています。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト 「遺言書作成」

|

« 悩みを受け止めるために必要なこと | トップページ | 自己破産:分厚い書類が整ってくるまで »

司法書士の日常」カテゴリの記事