« 今日は一日事務仕事です | トップページ | 人がやったことを人が判断する場面 »

2015年10月15日 (木)

建物の解体工事:基礎を壊すほうが大変~

お隣りでされている建物の解体工事を見ていると、分かりやすいことに気付きます。

「地面から見えている部分を壊すより、基礎を壊すほうが大変」

時々、ドシンという衝撃と共に、うちの事務所も揺れるように感じます。鉄筋とコンクリートで、地中に埋まっていた基礎部分は、素人が想像する以上に頑丈に作られていたみたいです。

表から見える部分で評価しようとすること、建物に限らず、人の行いでもそうです。
見えないんだから、知らない人には分からない。

だからこそ、基礎を大事にしないといけない、ということ。
それと、見えている部分だけで判断するのは素人のすることである、と。

解体工事を見ていて思ったのは、そんなことです。

|

« 今日は一日事務仕事です | トップページ | 人がやったことを人が判断する場面 »

司法書士の日常」カテゴリの記事