« 自己破産:分厚い書類が整ってくるまで | トップページ | 動きの見える事務所のほうが安心 »

2015年10月23日 (金)

お客様は目の前に居られるとは限らず

今日は、住宅ローンのご相談が1件。

知り合いの方から、「ここに行ってみな」と私の事務所を教えてもらわれたそうですが、そう伝えて下さった方と私は、面識はなさそう。

「家族に調べてもらった」「友達に調べてもらった」などなど、そういったお話は時々あって、ご期待にお応えせねばならないのは、目の前のお客様に対してだけではない、ということです。

ふと時間が空いたので、被後見人さんの自宅に行って、タオル・コップ・歯ブラシなど、施設から頼まれていた入院セットの用意に。

タオルセットなど、高級な貰いものを使いきれず、収納されたままになっていること、昔の我が家もそうだったと思い出します。

今日のニュースは、高橋由伸監督就任→選手引退。
大人の世界、組織の都合というのは、つくづく残酷です。

|

« 自己破産:分厚い書類が整ってくるまで | トップページ | 動きの見える事務所のほうが安心 »

司法書士の日常」カテゴリの記事