« 動きの見える事務所のほうが安心 | トップページ | 自己破産:まずは正しい情報をお伝えして »

2015年10月25日 (日)

ホームページも現場もやることは同じ

Dsc_4326「ホームページで売上があがる会社あがらない会社 何が違うか」(石嶋洋平著)

「売れるホームページと売れないホームページの違い、それは、商売の道理の話であって、考え方の基本は実店舗と同じ。売れるところは売れるようにしていて、売れないのなら売れないなりの理由がある」というのが、書かれていることの大きな流れ。

それはそうだよなーと、納得できる話でした。

私は、事務所のホームページやパンフレットの原稿を作りながら、どういう事務所にしたいのかと考えているので、頭の中にあること、ホームページに書いていること、事務所で実践しようとしてることは同じです。

どんな人が何をやっていて、価格はどの程度で、どんな流れで進んでいくのか。
都合の良い部分だけでなく、デメリットがあれば、それも先に伝えておきたいです。

司法書士業務は、「物を買ってもらって終わり」というのではなく、人と人とのお付き合い。予め事務所の情報をお伝えしておいて、お客様に選んでもらう、というのは、お互いにとって大事なところだと思ってます。

|

« 動きの見える事務所のほうが安心 | トップページ | 自己破産:まずは正しい情報をお伝えして »

読書・映画の話」カテゴリの記事

急成長できなくても大きくなれなくてもいい(2021.02.21)
ドラマ「知ってるワイフ」(韓国版)(2021.02.07)
ドラマ「知ってるワイフ」(2021.01.31)
「新型コロナからいのちを守れ!」(西浦博著)(2021.01.09)
『鍵泥棒のメソッド』と『半沢直樹』(2020.09.20)