« 夫婦間贈与:婚姻期間20年経過はひとつの区切り | トップページ | 風邪引いてゆとりが生まれる »

2015年10月29日 (木)

資格証明書が不要に。取り扱いの変更はちょこちょこと

今日は、自己破産の申し立てが1件。
今月はたまたま固まって、これで今月の自己破産の申し立ては合計5件に。

しかし、まだ1件も開始決定が出ていないので、ホッとできるのはもう少し先です。

それと、相続登記が完了したので、登記識別情報をご返却。
相続登記は2か月前に終わっていたものの、古い古い抵当権が残ったままだったので、抵当権を消してもらうのに、時間がかかりました。思いもされない抵当権が残ったまま・・・というのは、時々あります。

ところで、11月2日以降、不動産の登記で、会社の資格証明書を添付が不要になります。

取り扱いの変更はちょこちょこと繰り返されて、気を付けておかないと、ついていけなくなりますが、早速、金融機関からは「資格証明はなくていいんですよね」と。

しかし、司法書士の立場からすると、せめて証明書のコピーを見せてもらわないと、代表取締役の権限を確認できない。「書類が要らない」ことが前面に出ると、逆に面倒になる機会も出てきそうです。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト 「自己破産」
◎リンク 司法書士吉田事務所 相続・名義変更相談サイト「相続登記」

|

« 夫婦間贈与:婚姻期間20年経過はひとつの区切り | トップページ | 風邪引いてゆとりが生まれる »

司法書士の日常」カテゴリの記事