« お客様との「関係は対等である」が出発点 | トップページ | 本当に力のある人はやさしい »

2015年10月 7日 (水)

登記の審査が終わるまでの期間

登記の申請書類、全て揃えて法務局に持参しても、その日のうちには完了しません。イコール、不動産登記であれば、その日に権利証(登記識別情報通知)が出来上がらないことを意味します。

例えば堺支局の完了予定日は、今日の申請分で、不動産の登記は10月14日。会社の登記は10月15日です。

法務局のシステムをご説明すると、「そんなものか~」と受け止められる方もおられれば、「土地の売買代金を払うのに、権利証が出来上がらないとはどういうこと~?」と言われることもあります。

それはものすごく純粋な疑問だと思うので、今日は個人間の不動産売買でしたが、法務局で受け付けされた証明書(受領証明書)をもらって、お渡しすることにしました。

それでも、まだ受け付けがされただけで、確実に登記がされる保証がない中で大金を動かしてもらえるのは、司法書士が「書類に不備がないこと」を確認して、その責任を背負って行動しているからです。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト 「不動産登記」

|

« お客様との「関係は対等である」が出発点 | トップページ | 本当に力のある人はやさしい »

司法書士の日常」カテゴリの記事