« 歳を取ると共に表に出てくるもの | トップページ | 遺言書が完成して一区切り »

2015年9月17日 (木)

司法書士事務所は人手の余裕に機動力も必要

まだ9月の半ばを過ぎたところですが、シルバーウィークがあることで、金融機関がらみのお仕事は、もう「9月末に間に合うかどうか」という雰囲気になっています。

来週は「木」「金」しかないことが、余計に追われた感覚をもたらしています。

金融機関の融資がからむ登記の特徴のひとつに、「日が指定される」ことがあります。

融資の実行される日が決まって、だから「この日に、法務局で登記の申請をしてください」と。もしくは、不動産の売買の取引であれば、「この日のこの時間に、集まってください」と。

日時の選択に、司法書士の都合が考慮される余地はほとんどなくて、「明日は忙しいので、来週にずらしましょう」などとは言えません。

今日は、どちらかというと「待ち」の状態で、ご連絡があれば行動できるように身構えていましたが、「待ち」の状態が続いたと思うと、動き始めるとトントンと進展するので、司法書士事務所には、人手の余裕に、機動力も必要です。

|

« 歳を取ると共に表に出てくるもの | トップページ | 遺言書が完成して一区切り »

司法書士の日常」カテゴリの記事