« 夏の終わりに高野山 | トップページ | 堺市の住所が「丁」になっている理由 »

2015年9月 7日 (月)

歯車がずれるかどうかは紙一重

債務整理の後の返済。
今は順調に返済を進めておられる方の中にも、過去には、途中で連絡が取れなくなったり、辞任の警告をしたり、ということがありました。

それを考えると、歯車がずれて取り返しがつかなくなるか、今、立ち直ってもらえるかどうかというのは、紙一重なのだと思います。

自分の身に照らして考えても、「絶対に間違えてはならない」ことの中でも、たいていのことで、やり直しができたり、やり替えの許されるチャンスはあります。

だからといって、やり直しの機会に甘えていたらダメですが、

結局のところ、周りから何を言われても、自分のことは自分で修正しないと何も変わらないので、あとはその機会に気付いてもらえるかどうか、ということになります。

|

« 夏の終わりに高野山 | トップページ | 堺市の住所が「丁」になっている理由 »

司法書士の日常」カテゴリの記事