« 夏休みまでもう少しです | トップページ | 2回とも事務所に戻れず »

2015年8月 9日 (日)

お客様から見た司法書士業務を意識して

暑中見舞いの時期を逃してしまったので、残暑見舞い作り。
年賀状以来飛んでしまった、ニュースレター作りになります。

ニュースレターは「年4回の発行」と決めたのに、春号は見事にすっ飛ばしてしまいました。

目の前の急ぎのことは大切。
事務所の中は、ずっと「まだですか?!」という声が飛んでこないか、という状態が続いていました。

しかし、ニュースレターは、急がないけど重要なこと。

原稿作りで難しいのは、専門的なことを難しく書いても伝わらないことです。
また、簡単なことだけを書くのであれば、司法書士事務所が作らなくていいので、司法書士が実際の業務で取り扱っていることを、どうやって身近に感じていただけるか。

素人の方の視線にまでぐっと引いて。
それはニュースレター作りに限らず、日常の業務でも同じことだと思うのですが、お客様から見た司法書士業務は、どんなふうに見えているんだろう?と。そんな視線を意識することも、専門家には必要です。

|

« 夏休みまでもう少しです | トップページ | 2回とも事務所に戻れず »

事務所経営論」カテゴリの記事