« 「お客さまの声」は「お店の声」かも | トップページ | 分からないことを問われたシーンで »

2015年7月12日 (日)

仕事と料理に共通する2つのこと

8月には自宅に団体さんが来てくれるので、毎年この時期になると、料理のことを考え始めます。料理のことを考えていると、仕事と料理に共通することが、2つあることが分かります。

1つ目は、「これとこれを組み合わせたらどうなるか」という、組み合わせの発想。

司法書士の仕事。例えば、登記の話だからと、登記のことしか知らないと、税金のことで思わぬ落とし穴があったりします。だから、司法書士の業務にFPの視点を混ぜ込んで仕事をするだけで、視野は全然違ってきます。

今日は、ベビーリーフに、「生のなすび」と「生ハム」を混ぜてみましたが、絶妙の味でした。

もう1つは、「人に喜んでもらおう」という気持ち。

自分が食べたいだけの食事に、手間暇はかけません。家族であったり、友達であったり、自分が作った料理を人が食べてくれて、そこで喜んでもらいたいと思うから、いろいろと考える。日々の仕事も、基本的なことは同じなんだと思います。

|

« 「お客さまの声」は「お店の声」かも | トップページ | 分からないことを問われたシーンで »

価値観・共感した話」カテゴリの記事