« 分からないことを問われたシーンで | トップページ | 間違って印鑑を押した時の消し方 »

2015年7月14日 (火)

事務所内での役割分担

今日は、午後から、書類を受け取りに行ったり、打ち合わせがあったりで外回り。18時に事務所に戻ると、チェック待ちのファイルを、積んでくれていました。

他士業の先生と話をしていましたが、「やっぱり、事務員さんがしっかりしている事務所は強い」「先生と事務員さんが1対1になると、先生の負担が大きくなって、事務所がうまく回らない」。そのとおりだと思います。

私の事務所も、司法書士資格のあるスタッフ、ないスタッフ、それぞれが役割を分担しあって、お仕事させてもらっています。

私がやるほうがいいこともあれば、登記申請書類への入力であるとか、経理の管理であるとか、私よりも得意にしてくれる人がいれば、その人にやってもらうほうがいいです。

「事務員任せ」っていう言葉、悪い意味で用いられますが、「だから、司法書士が全部のことをすべき」ということではなくて、役割分担をきちんとして、責任者である司法書士が最終確認できるようにしておく。そのシステムが、事務所を利用して下さるお客様のメリットにつながると考えてます。

|

« 分からないことを問われたシーンで | トップページ | 間違って印鑑を押した時の消し方 »

事務所経営論」カテゴリの記事