« 仕事と料理に共通する2つのこと | トップページ | 事務所内での役割分担 »

2015年7月13日 (月)

分からないことを問われたシーンで

分からないことを問われた時、一番良くないのは、誤魔化すこと。
誤魔化してその場を切り抜けられたと思っても、それは相手に伝わってしまうもの、だと思います。

だから、分からないことは、分からないと伝える。
調べて、後でお返事しますと言う。

「司法書士なんだから、何でも知ってるはず」と思われている期待を裏切ることになるかもしれませんが、いい加減な受け答えをするくらいなら、後で調べてお答えするほうが誠実です。

もしくは、例えば、成年後見業務の中で、お話をしている相手が福祉の専門家であったりすると、相手のほうが詳しいことも当然。素直に教えを請うこともあります。

どうしても、「調べます」を許されない状況もあるでしょうけど、「調べます」「確認します」という姿勢を受け入れて下さる方でないと、なかなか、長いお付き合いを続けていけないです。

|

« 仕事と料理に共通する2つのこと | トップページ | 事務所内での役割分担 »

司法書士の日常」カテゴリの記事