« 基本があるから応用が利く | トップページ | 平成表記を使っている理由 »

2015年7月 7日 (火)

評価してもらえてうれしい場面

不動産の登記のご依頼に前後して、いろいろとご相談に乗らせてもらっていたお客様から、「アドバイザー料も請求して下さい」と、ありがたいお言葉。

登記の手続き自体は、誰がやっても同じことかもしれませんが、そのプロセスであるとか、プラスαの部分。目に見えない部分に価値を感じていただけるのは、一番うれしいことです。

もちろん、私も、追加で報酬をいただこうとか、そういった下心があってご対応するわけではなく、できる限りのことを提供させていただいた結果、それを評価して下さった。そういう関係が築けると、私もまた、もっとお客様に還元できるようにしようと、とします。

しかし、求められてもいないのに余分なことをすると、それは「余計なお世話」ということにもなります。お客様から求めていただける前提があって、のお話です。

|

« 基本があるから応用が利く | トップページ | 平成表記を使っている理由 »

司法書士の日常」カテゴリの記事