« 「合わす部分は合わす」が基本の中で | トップページ | 仲介業者さんを入れない不動産売買 »

2015年7月22日 (水)

建築中は金銭感覚がマヒします

住宅やアパート(共同住宅)を建築中の方から、「大きな数字を見ていると、金銭感覚が分からなくなる」というお話を聞きます。

日常生活の中であれば、2万円3万円は大金。
しかし、2,000万円、3,000万円の話をしていると、不思議なことに、20万円も30万円も大して変わらないような感覚に陥るのです。

そんな中、司法書士がご請求する登記費用は、微妙な存在です。

登記費用の中に含まれる報酬と実費(主に登録免許税)の区別は厳格で、司法書士の報酬が5万円か8万円かという話になると、日常生活の中ではかなりの高額な買い物。しかも、差額が3万円もあると大きな違い。

ところが、例えば、相続登記や生前贈与の手続きであると、「予算は30万円くらい」と、実費を含んだ総額で考えられる場合もあって、登録免許税や不動産取得税も含めた総額に含まれると、報酬をいただきやすくなったりもします。

とはいえ、依頼者の置かれた状態に便乗することなく、安くもなく高くもなく、適切だと考える報酬をご提示しているつもりです。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト「手続費用一覧」

|

« 「合わす部分は合わす」が基本の中で | トップページ | 仲介業者さんを入れない不動産売買 »

司法書士の日常」カテゴリの記事