« 7月1日は開業記念日です | トップページ | トヨタ自動車のAA型種類株式 »

2015年7月 2日 (木)

専門外のことは専門外のこととして

日々のご相談の中には、いろいろなお話があるのですが、「これは法律の話。ここまでは司法書士の分野。でも、ここからは法律の話ではない」という区分けは、私の中にはあっても、ご相談者の中にはないはずです。

「とりあえず吉田に聞いてみよう」と思って下さるのはありがたいこと。
しかし、それはそれとして、専門外のことは専門外のこととお伝えした上で、ご対応を考えます。

ちなみに、司法書士も、一定の範囲内に限って「法律相談」にお応えすることができます。

「法律相談」と言われると、私なら、何でも答えてくれそうな気がします。ご相談者にとっては、どこまでが司法書士の業務範囲に含まれるのか、分かるはずもありません。

そんなこともあって、私の事務所では、「法律相談」という表現は使わずに、お仕事しています。

|

« 7月1日は開業記念日です | トップページ | トヨタ自動車のAA型種類株式 »

司法書士という仕事」カテゴリの記事

堺市内の司法書士分布事情(2021.04.17)
結局は本業に専念するのが一番強い(2021.04.11)
左側が司法書士の報酬・右側が実費(2020.11.17)
「週休2日」は目標にならない(2020.09.12)
勉強だけでも仕事だけでもダメ(2020.09.06)