« 元々の能力はそんなに違わない | トップページ | やっと事務所のパンフレットが完成 »

2015年6月17日 (水)

夕食の時間と気持ちのゆとり

本当に悪い時に書くと、「大丈夫ですか?」と人に言わせてしまうので、今日になってやっと書けるようになりましたが、先週の金曜日から続いていた風邪の症状が、マシになってきました。

ひどくなった昨日は、お客様との約束もキャンセルさせてもらって、情けない状態でした。

一方では、3日続けて私が先に帰宅し、夕食の準備を済ませていました。

夕食を18時半に食べることができると、一日が長くなる気がします。
また、気持ちにゆとりが生まれる気もします。

これで家族が円満に・・・とまでは言えませんが、夕食の時間と気持ちのゆとり、関係があると思います。

頭は風邪薬でボーっとしているし、身体もしんどいはずなのに、なぜか普段よりも本を読めて、4日間で結構な量の本を読みました。

家に居て、個別の案件から距離を作れることで、司法書士の仕事には直接関係しない思考を使うことができます。そしてまた、司法書士の仕事には直接関係しない思考も、何らかの形で仕事に還元します。

|

« 元々の能力はそんなに違わない | トップページ | やっと事務所のパンフレットが完成 »

司法書士の日常」カテゴリの記事