« 行政書士さんとの連携 | トップページ | 究極の相続対策とは… »

2015年6月 2日 (火)

「よかったら頼んで下さい」

今日は、生命保険の打ち合わせ。

私は生命保険会社の代理店もしていますが、保険の成績や売り上げに縛られることはないので、保険が必要なお客様にだけ。お客様にとって、本当にメリットがあると思える場面にしか持ち出ししません。

保険を勧められるのは、私の中でも一番嫌なことのひとつなので。
押し売りや営業をすることはないです。

押し売りや営業をしないのは、本業である司法書士業務でも変わらないスタンス。
「ぜひともウチに!」ではなく、「もしよかったらどうぞ」です。

仕事欲しさに、気持ちの余裕がなくなると、それがお客様にも伝わるし、関係性も崩れてしまいます。

「安くしてくれたら頼むけど?」とか、「マージンはくれるの?」とか、「司法書士の知り合いは他にもいるんだけど」と言われて頼んでもらっても、いいことなんて全然ありません。

自分を崩さないことと、傲慢さは紙一重。
それも踏まえて、「もしよかったら頼んで下さい」で仕事をしています。

|

« 行政書士さんとの連携 | トップページ | 究極の相続対策とは… »

事務所経営論」カテゴリの記事