« ご相談料をいただくこと | トップページ | 日清食品HD株主総会のお土産 »

2015年6月24日 (水)

「子供に家を残してやりたい」

「子供に家を残してやりたい」。
子供さんがまだ小さい世代、これから住宅ローンを返済していかれる世代から、よく聞かれる言葉です。

一方では、子供さんが50代以上の世代になると、「親の不動産をどうやって処分しようか」「相続しても困るから、相続放棄したらどうなるんだろう?」。そんなご相談も、ここ最近続いています。

相続放棄は、一般的には、負債が多いとか、付き合いがなかったから関わりたくないとか、そんなケースが多いのですが、不動産があるのに相続したくないとは…というお話です。

親の思いを問わず、子供は大人になったら出ていくし、いずれ、子供自身が不動産を持つことを考える時が来ます。

一方、親が苦労して築いた不動産は老朽化してくるし、今度は、子供のことより、自分たちの老後資金を心配しなければならない時が来ます。

不動産をめぐっては、世代によって、家庭によって、環境によって、いろいろなドラマがあります。

◎リンク 司法書士吉田事務所 相続サイト

|

« ご相談料をいただくこと | トップページ | 日清食品HD株主総会のお土産 »

価値観・共感した話」カテゴリの記事