« 「時間の前後は大丈夫です」のひと言 | トップページ | 投資信託の契約をする前に… »

2015年6月29日 (月)

知らないことを知らないのは恐ろしい

午後から、事務所で打ち合わせ。
その後は、和泉市に書類のお届け、岸和田の法務局~市役所で固定資産税の評価証明書を取り、その足で大阪市内に書類のお届け。

普段は、なるべく、お客様との連絡に携帯電話を使わないようにしている私も、長い移動中、あちこちで立ち止まり電話。全く落ち着かないですが、継続的にご依頼いただけるお客様なので、と。

長くお付き合いいただけることで、自然とさせてもらえるプラスアルファのご対応は、間違いなくあります。

さて、以下は、司法書士にしか通じない実務の話。

今日は、大阪本局管轄の会社の印鑑カードを、堺支局で取得しました。
今まで、「その管轄法務局でないと取れない」と思いこんでいたので、どれだけ面倒なことをしていたことか。

大阪法務局のホームページによると、会社・法人の印鑑カードの発行・再発行・廃止は、

『平成24年6月1日から,大阪法務局の管轄区域(大阪府)に本店又は主たる事務所を有する会社・法人等については,大阪法務局内の全ての登記所(北出張所及び天王寺出張所を除く。)でお取り扱いします。』とあります。

そんなの常識でしたか…。私の事務所では、初めての試みでした。この件に限らず、知らないということ、知らないことを知らないというのは、恐ろしいことです。

◎リンク 大阪法務局ホームページ 商業・法人登記事務の取扱庁変更について

|

« 「時間の前後は大丈夫です」のひと言 | トップページ | 投資信託の契約をする前に… »

司法書士の日常」カテゴリの記事