« 知らないことを知らないのは恐ろしい | トップページ | 7月1日は開業記念日です »

2015年6月30日 (火)

投資信託の契約をする前に…

今日の読売新聞に、ゆうちょ銀行社長のインタビュー記事が載っていました。

「個人の金融資産は『貯蓄から投資へ』の方向に動いており、これを手助けする形で販売を強化し、手数料収入でもっと稼げるようにしていきたい」(記事から抜粋)

「手数料収入で稼ぎたい」が本音だとしても、そういうのは表に出してはいけないよなーと感じました。

「売りたい」「稼ぎたい」が第一になると、それが本当にお客さんのためになっているか、という視点が欠落してしまいます。それが伝わると、お客さんは引いてしまうものです。司法書士のお仕事でも同じ。

金融機関の窓口で扱われている投資信託が、余程のいい運用成績を収めているのなら別ですが、私の感覚では、投資信託は販売手数料を払ってまで契約するものではないし、「ゆうちょだから」という理由だけで、信用してはいけない。

私が契約しているもの、過去に契約していたものは、全て「ノーロード」といわれる販売手数料無料の投資信託で、なおかつ、運用責任者個人の顔、考え方が見えるものです。

|

« 知らないことを知らないのは恐ろしい | トップページ | 7月1日は開業記念日です »

お金の話」カテゴリの記事