« 自然の風の中で仕事をする | トップページ | お仕事があるから勉強をする »

2015年5月25日 (月)

必要な時に開けられる「引き出し」

今日は、ハウスメーカーさんの住宅展示場での打ち合わせからスタート。
住宅展示場。不動産登記のお仕事はお仕事として、その場に入ることができるのは、純粋に面白いし楽しいし、夢のある空間です。

事務所に戻って、また別の不動産関係の打ち合わせ。

司法書士は、不動産の中でも「登記」という狭い部分から関わる職業。

狭い部分の専門家なので、そこを極めていないと対価をいただけなくなりますが、一方では、知識や経験を肉付けしていき、周辺分野も語れるようになると、お客様のお役に立てる場面が広がるのは、間違いのないことです。

いつも中が見えるわけではないけど、必要になった時に開けられるもの。

不動産関係のことに限らず、「引き出し」は多ければ多いほど、お客様のお役に立てて、喜んでもらうことができます。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト「不動産登記」

|

« 自然の風の中で仕事をする | トップページ | お仕事があるから勉強をする »

司法書士の日常」カテゴリの記事