« 「事務所の特徴」を言語化すること | トップページ | 相続のご依頼が続いてます »

2015年5月14日 (木)

「責任」があるから深く考える

不動産登記で、登記義務者として提出する印鑑証明書の期限は「3か月」。

では、「オンライン申請で、3か月以内の日に受付が終わっているものの、法務局に印鑑証明書が届く日が3か月過ぎていたらどうなるの?」と、司法書士仲間から聞かれて、「受付日が3か月以内なら、大丈夫でしょう」と軽く答えていました。それ以外、考えられませんでした。

ところが、今回、私の事務所で、全く同じ状況が発生しました。
自分事になると一気に不安になるもので、お客様に頭を下げて、印鑑証明書の取り直しをお願いすることを覚悟しつつ、登記が完了するまで落ち着きませんでした。

仲間内で情報を聞き合う時、いい加減な返事をしているつもりはありません。ところが、自分に「責任」があるかどうかで、考えることの範囲は全く違ってきます。

日頃、どれだけの責任を負って仕事をしているか。
軽く答えるレベルで済んでいるようであれば、必要な思考の半分も動いていない、ということです。

◎リンク 司法書士吉田事務所メインサイト「不動産登記」

|

« 「事務所の特徴」を言語化すること | トップページ | 相続のご依頼が続いてます »

司法書士の日常」カテゴリの記事