« 今日の予定もびっちりと | トップページ | 山の緑が鮮やかだと感じたこと »

2015年4月23日 (木)

相続手続きから不動産売却まで

今日は、不動産売買の立ち会い。
相続手続きのご依頼を受けてから、不動産の売却が終わるまで時間がかかりました。でも、無事に見届けることができて、よかったです。

不動産の売却は司法書士の業務ではなく、話がまとまった後の「登記」が役割です。

しかし、元々、売却に関する手当ての必要性を感じたのは、不動産を所有されている方が自己破産した後の、不動産の処分。

「任意売却」と言われる売却の手続きになりますが、「いろんな不動産業者さんが家に来て、うちで売らせてほしいと言われて対応に困っている。どうしたらいいの…?」といった話がきっかけでした。

司法書士の業務でなければ、その専門家に引き継げばいい。

ご希望があればですが、自己破産の後の任意売却、相続登記の後の不動産売却に関してアフターフォローをさせてもらうことで、売却が決まった後は、再び、売主側の司法書士として、不動産の売買取引に関与させてもらっています。

|

« 今日の予定もびっちりと | トップページ | 山の緑が鮮やかだと感じたこと »

司法書士の日常」カテゴリの記事