« 「エンジョイ」と厳しさ | トップページ | 金融機関の椅子はどこも同じ感じ »

2015年4月 8日 (水)

お仕事をさせてもらう前提として

今日は、公証役場で公正証書遺言作成の立ち会い。
車でお迎えに行き、終了後はお昼をご馳走になって、また車でご自宅までお送りしました。

「知らない人だったら頼めなかった」というお言葉、何気ない一言のようで奥が深い。

遺言書を作成するお手伝い。我々はお仕事でしているので、頼んで下さればお受けするのは当然のことと思っていますが、自分の財産がどこにいくらあって、家庭の事情がこうなので、誰にこんなふうに相続させたいという話は、私だったら、初対面の人にはなかなか言えないことです。

午後からは、相続の新規相談が1件。

ご予約の電話。フルネームで名前をお聞きした瞬間にお顔が浮かびましたが、平成15年6月に他のお仕事をさせてもらったお客様。

平成15年というと、まだ私の事務所がワンルームマンションだった時期で、そんな古いご縁を覚えていて下さったこと。またご依頼いただけたことに感謝です。

|

« 「エンジョイ」と厳しさ | トップページ | 金融機関の椅子はどこも同じ感じ »

司法書士の日常」カテゴリの記事