« 「時間が足りる」ことはない | トップページ | 応接スペースを90度動かしてみる »

2015年4月19日 (日)

今度は徳島のプレミアム付旅行券

4月1日に、鳥取のプレミアム旅行券を買えなかった話は書きました。

明日は、徳島県の「おどる宝島!とくしま旅行券・クーポン」の発売。旅行券は、1,500円で3,000円分の旅行券を買えます。

この手の旅行券については、3月21日の日経新聞、「大機小機」のコーナーで、「典型的なばらまきである」と書かれていました。以下引用します。

『ある自治体が地域限定の商品券を配ると、他の自治体で生じていた消費を引き戻すので地元振興効果がある。しかし、全自治体が同じことをやると他の自治体から来ていた買い物が減ってしまい、地元振興の効果は消える。
「代替効果」も考える必要がある。商品券の使い道が、もともと買うはずだったものに向けられた場合は、商品券の分は実現するはずだった買い物を代替しただけで終わり、消費を刺激する効果はない。
広くて薄くて効果は小さいから、これは典型的な「ばらまき」である』(以上引用終わり)

なるほどな~とは思いますが、自分が当事者になって、メリットが受けられるとなると、全体の効果のことは気にならないものです。だから、何事も全体を見渡して判断する人が必要。

お盆期間中は利用不可という制限があるものの、今回も購入に関する枚数制限がないので、鳥取の時のように「○分で完売」となるのか。我が家も参加するつもりでおります。

|

« 「時間が足りる」ことはない | トップページ | 応接スペースを90度動かしてみる »

世の中の話」カテゴリの記事