« この人は親切そう…とか伝わります | トップページ | 住民票の様式変更には要注意… »

2015年3月 5日 (木)

契約書に不動産の表示を入れる工程

今日は、遺言書作成の打ち合わせ。
不動産の表示を印字するため、金融機関で、白紙の抵当権設定契約書のお預かりなど。

抵当権の設定契約書に、不動産の表示を印字する作業。
お客様には見えない工程ですが、手間のかかる作業でもあります。

ひと昔前は、不動産の表示が白紙のまま、署名捺印がされているのも普通でしたが、最近ではほぼありません。

金融機関側で記入してもらえない限り、司法書士が事前に白紙の契約書を預かって、不動産の表示を印字→金融機関にお届け→お客様が捺印されたものを再び司法書士がお預かり→法務局に提出、という工程を踏んでいます。

金融機関の担当者から、メールでひな形が送られてきて、物件を入れてメールで返信する方法でさせてもらえれば、数分で解決しますが、その方法を言ってもらえるケースは少なく、お客様にメリットをもたらさない部分でも、司法書士は時間を費やしています。

|

« この人は親切そう…とか伝わります | トップページ | 住民票の様式変更には要注意… »

司法書士の日常」カテゴリの記事