« お約束の仕方は歯医者方式 | トップページ | 三国ヶ丘の「ほっかほっか亭」も閉店… »

2015年3月23日 (月)

登記業務と個人の方を対象とする業務

今日は、相続や遺言書作成の新規相談が2件。
遺言書作成の打ち合わせ1件、成年後見の申立が1件、など。

期日指定の登記案件も重なっていますが、そんな中でも、個人の相談者の方からの新規相談も続いています。

それも、ひと昔前のように、債務整理ばかりということもなくて、相続手続きや遺言書の作成をはじめ、さまざまな業務が舞い込んでいるのが最近の傾向。

定型的な登記業務なのか、不定型で不特定多数の個人の方を対象とする業務なのか、事務所の運営を考えると、どちらかに傾けるのが楽ですが、私の事務所は両方を並行して取り扱います。

「限られた業務に偏らない」というのと、債務整理の案件が多かった時から、変わらずに持ち続けている思いです。

|

« お約束の仕方は歯医者方式 | トップページ | 三国ヶ丘の「ほっかほっか亭」も閉店… »

司法書士の日常」カテゴリの記事