« ダラダラを防ぐ時間の使い方 | トップページ | 値段の税抜き表示はやっぱり不親切 »

2015年2月28日 (土)

定期的な検診は自分のため

歯のメンテナンス。

以前は定期検診の案内が届くと、歯医者さんも商売うまいな~などと、不謹慎な受け止め方をしていたものですが、定期的なチェックは患者のため。

こまめに歯石を取って、掃除をしてもらうことで、歯磨きに対する意識も変わるし、虫歯になりにくくなった気がします。そんなことに40を過ぎて気付くのは、遅過ぎます。

医師は、接客にも気を付けていることが伝わります。

歯医者が「痛くて恐い」というのは、昔のイメージ。
偉そうな顔。恐い顔した「先生業」でやっていけないのは、医師も司法書士も同じ…。

安心感を醸し出すのは、院内の雰囲気、医師や衛生士さんの雰囲気、接し方によるのであって、いろんな要素が積み重なって作られるもの。

「ただ腕がいい」だけではやっていけないし、「腕がいい」のもそれが単なる自己評価であれば、お客から評価しようがありません。

|

« ダラダラを防ぐ時間の使い方 | トップページ | 値段の税抜き表示はやっぱり不親切 »

事務所経営論」カテゴリの記事