« みんなが同じ方向を向くこと | トップページ | 来客も訪問もゼロの一日 »

2015年2月 4日 (水)

「恐がるから、いい仕事になる」

今週のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」は、掃除のスペシャリストの話。

黙々と仕事をこなす職人でありながら、周りへの気遣いもできないと務まらない仕事。真似のできない世界だなーと感じました。

「恐がるから、いい仕事になる」

ビルの窓掃除のプロが言われていた言葉ですが、司法書士の日常にも当てはまります。

ミスに対する恐さ、依頼者からのクレームに対する恐さ。
事件に巻き込まれることに対する恐さ。

背負っているものが大きくなるほど、恐さも増しますが、そういう恐さが弱くなると、ミスを起こす元になる慢心につながるし、適当なところで妥協をしたり、成長を止めてしまうことにもなるのではないかな、と思います。

|

« みんなが同じ方向を向くこと | トップページ | 来客も訪問もゼロの一日 »

価値観・共感した話」カテゴリの記事