« 「ナニワ金融道」 | トップページ | 現金も塊になると感覚がマヒします »

2015年1月25日 (日)

「ナニワ金融道2」

昨日放送されていた「ナニワ金融道」のエンディングで、最悪のピンチを脱した債務者と、それを助けようとした金融屋(中居正広)が、こんな会話をしていました。

======================
債務者 「お金って化け物やね。最初は優しく輝いているのに、手を触れた途端、姿を変える。人を呑み込む怪物になる」
金融屋 「きっとお金って、使う人を見ているんだろうね」
======================

ドラマを見て改めて感じたことは、『借金することで、根本の問題は解決しない』ということ。

借金によってその場をしのげても、借りたお金を返さないといけない以上、その後にまたいろいろな出来事がある。返済で大変な思いをする中で、家族の仲を引き裂いたり、人の人生を変えてしまったりする。

「お金は使う人を見ている」というのは、心に留めておきたい言葉です。

|

« 「ナニワ金融道」 | トップページ | 現金も塊になると感覚がマヒします »

読書・映画の話」カテゴリの記事