« 最終日に会社の「みなし解散」を防ぐ | トップページ | 滞らずスムーズに動いてる状態が理想 »

2015年1月20日 (火)

ぶれそうな時は「仕事として」に戻る

司法書士として過ごす毎日。

「仕事として」やっているのか、「親切で」やっているのか。
ハッキリとした区別があるわけではないのでしょうけど、かなりの割合が「仕事として」だと思います。

報酬をいただいている以上、間違っても、司法書士側が「やってあげている」と考えるのはダメです。

もし、「親切で」と伝わったとしたら、それはそれでありがたいことかもしれませんが、行き過ぎてしまうと、「求められ過ぎる」ことにもなります。

対価をいただいてやるべきことを、暗に無償でやるよう求められたり、「それは家族に求めることでしょう」という部分まで期待されている、と感じたり。

「仕事だから」と「仕事じゃないから」の境目をきっちりと引いてしまうと、ドライ過ぎる対応になってしまいますが、ぶれそうになった時は、「仕事として」に戻るようにしています。

|

« 最終日に会社の「みなし解散」を防ぐ | トップページ | 滞らずスムーズに動いてる状態が理想 »

価値観・共感した話」カテゴリの記事